理念と価値観

ヘルノを表す4つのキーワード

 

エルノ創業に由来するイタリアレーザの町を流れる川

 

エクセレンス妥協のない追求と革新から生みだされる卓越したプロダクト

 

エシックス透明性こそが価値のあるもの

 

エコロジカルサスティナビリティ未来へ続く環境保護への取り組み

卓越したプロダクト、研究、そして革新

 

"良質な仕立て"のコートを作るだけでは、市場を牽引することはできません。ヘルノ社の先端技術は、継承され続けるサルトリアのアーバンウェアというコンセプトに基づき、ディテールへのこだわりを付加価値として追求する姿勢に支えられ、それがブランド理念になっています。研究と革新によって高性能の新素材が次々ともたらされていますが、ヘルノでは最先端の製造工程と並行して、伝統的手法での生産工程も続けています。例えば、画期的な装置が熱圧着や超音波による縫製を可能にすることで、最高級ダウンを採用することができるようになりましたが、伝統的な縫製なしではハンドメイドによる一流のアウターウェアを生み出すことはできません。これこそが、決して単なる達成すべき目標として掲げるだけではない、ヘルノのアウターウェア一着一着のまさに真髄として「エクセレンス」を約束する「ものづくり」に対する新しい考え方です。

環境への配慮


 

レーザにあるヘルノ社の工房は、街を囲む山々との調和を保ちながら、周囲の田園地帯と完全に一体化し、その風景の中に見事に溶け込んでいます。19世紀に建てられたヘルノの工房は、太陽光発電技術の導入に伴い全面的に改修され、電力消費の少ない装置を購入・設置することにより電力の完全自給を実現しています。昨今、ヘルノの製造システムやサービスは継続的に見直され、安全面と作業環境面において一連の改善が行われてきただけでなく、工房の技術革新や近代化も促進されています。この工程は、安全手順の遵守による作業環境の改善や作業能力の向上につながるという従業員の意識を高めることを目的したものでした。

企業倫理

 

ヘルノのプロダクトは、イタリア製である本質が現れるアウターウェア、その確かな品質、職人の技で成立するものですが、ブランドとしての基本理念は倫理観です。例えば、ヘルノが使用するダウンは、地理上離れた2箇所で調達しています。それがロシアのシベリア地方とイタリアのロメリーナ地方ですが、特に後者はクラウディオ・マレンツィの母であるアレッサンドラの出身地であることから、この地で生産されるダウンの全量がヘルノで使われています。しかし、透明性の高い企業倫理を掲げることから、ヘルノはナイロンコートをルーマニアで製造していることまでも開示しており、さらに、その製造工程においてもヘルノ自らが厳重に管理しています。